うにty生活

UnityChanを生活させたい

ブレンドツリー使ってみた #17

 

どうもラブヘイトです

12月に300PVいきました!「ありがとうございます」なんですが、1月の卒論の方に力入れていてサボってました...

また更新していきます

 

 

今回はメカニムにブレンドツリーという機能があったので使ってみました

 

 

◆Mecanimとは

f:id:tubakihimeLoveHate:20190117171245p:plain

カニムはUnityでアニメーションを管理するシステムです

docs.unity3d.com

 

今までもアニメーションの記事を書いてきたけどこの説明するの忘れてました

作成方法は

プロジェクトビュー>Create>AnimatorController です

 

この後も色々用語が出てくるのでわからない方はこちらの記事から

 

tubakihimelovehate.hatenablog.com

 

 

◆BlendTree(ブレンドツリー)とは

f:id:tubakihimeLoveHate:20190117171744p:plain

このブレンドツリーはステートの一種で、複数のアニメーションクリップをブレンド(混ぜる)ことができます

 

見た目は他のステートと変わらないので少しわかりにくいですが、普通のステートと違ってダブルクリックをするとBlendTreeの画面に遷移します

f:id:tubakihimeLoveHate:20190117172046p:plain

 

作成方法

AnimatorControllerを開く >何もないところで右クリック>Create State

>From New Blend Tree

 

ブレンドツリーを使うには最低でも2つのアニメーションクリップが必要です

パラメーターの数は扱うブレンドツリーの方法によって異なるみたい

 

◆現在のUnityちゃんAnimetorController

今のUnityちゃんのアニメーションコントローラーはこんな感じです

f:id:tubakihimeLoveHate:20190117171230p:plain

 

f:id:tubakihimeLoveHate:20190117173607g:plain

今のままではwalkからrunへの切り替わりがいきなりで不自然?(そんなに変ではないけど...)なので

BlendTreeを使って徐々にrunモーションに切り替わるようにしていきます

 

また、ステートを減らすことができるためトランジョン(矢印)も減らすことが可能

 

トランジョンをさらに減らしたいときはAnyStateを使うのがいいですが、それはまた今度で(シンプルイズベスト!)

 

◆BlendTree使い方

①まずはBlendTreeステートの名前を変更していきます、今回はwalkからrunに遷移していくので「walk_run」という名前にしました

 

f:id:tubakihimeLoveHate:20190117173841p:plain

 

②BlendステートをダブルクリックしてInspectorを表示させる

f:id:tubakihimeLoveHate:20190117174512p:plain

 

※ステートのMotionに設定してあるBlendTreeをダブルクリックでもInspectorを表示させることは可能ですが、その場合変化するのはInspectorの表示だけでAnimatorビューは変化しません

 

③パラメーターを作成する

アニメーションをブレンドする割合となるFloat型のパラメーターを作成します

名前は「walk_runBlend」にしました

 

④Blend Typeを選択する

今回使うアニメーションクリップは2つなので「1D」を選択

そしてパラメーターに③で作成したものを選択

 

⑤アニメーションクリップを設定

Motionの+を押してアニメーションクリップを追加していきます

追加した状態のAnimatorビューとInspectorビューはこんな感じ↓

f:id:tubakihimeLoveHate:20190117175344p:plain

f:id:tubakihimeLoveHate:20190117175403p:plain

 

ここでパラメーターの値によってどういった変化をしていくのか見ることができます

f:id:tubakihimeLoveHate:20190117180401g:plain

f:id:tubakihimeLoveHate:20190117180439g:plain

画像が悪くて申し訳ない・・・

下のgifの方がわかりやすいと思います

 

今までのステートを削除し、ブレントツリーにトランジョンを接続する

f:id:tubakihimeLoveHate:20190121003054p:plain

 

どうでしょう?最初に比べてスッキリしたかと思います

やっていて初めて気がついたのですがトランジョンって単体で削除できないの?

できるよって方教えてください(ぺこり)

 

スクリプトからパラメーターを制御

先ほど設定したアニメーションをスクリプトから制御します

アニメーションを変更させたい場合は、BlendTreeに設定しているパラメーターを変更します

 

コードはこんな感じ

//上矢印キーが押されている間walkingをtrueにする
if(v > 0){
 animator.SetBool("walking",true);
 animator.SetFloat("walk_runBlend",(speedCache-minSpeed)/(maxSpeed-minSpeed));

 

 walkingはwalk_runステートに遷移するためのパラメーターです

 

ここでwalk_runBlendの範囲は0〜1でなければなりません

そのため、キャラクターのスピードを0〜1の値に正規化しました

 

式>> S = (T-MinT)/(MaxT-MinT)

この式でSの値は0〜1に正規化されます

 

//isrunは走っているかどうか
if(isrun){
  speedCache += 0.025f;//アニメーション遷移調節
}else{
  speedCache -= 0.025f;
}

↑こんな感じで値は変更していく

 

さて、Unityちゃんをみてみましょう

f:id:tubakihimeLoveHate:20190121004520g:plain

より自然に歩きと走りが切り替わるようになりました!

 

ブレンドツリーの種類

今回紹介したBlendTreeは1Dでしたが、他にも様々な方法でアニメーションをブレンドできます

ここでは主に使用するものをまとめてみました

 

・2D

f:id:tubakihimeLoveHate:20190121123748p:plain

 

1Dではキーとなるパラメーターは一つだけでしたが、2Dでは二つのパラメーターを使い座標を操作してアニメーションをブレンドしていきます

2Dも2つ以上のアニメーションをブレンドします

 

図の灰色◆はそれぞれモーションが入っています

そして赤点がブレンドの割合なので、中心にあるときは4つ全てを混ぜたアニメーションとなります

XとYの範囲は−1〜1で、赤点が一つのひし形と重なったときは重なったアニメーションだけを実行します

 

・Direct

f:id:tubakihimeLoveHate:20190121124600p:plain

 

Directは全てスクリプトで制御する方法です

範囲となるパラメーターも自身で設定する必要があります

その分範囲を自分で決定できるので、今回みたいにわざわざ0〜1の範囲に正規化しなくともスピードをそのまま利用可能になったり

 

 

 

新年1発目はここまで!

ではまた